医療法人財団 織本病院  
トップページ > 受診・入院のご案内 > 専門外来
腎不全外来
糖尿病外来
睡眠時無呼吸外来
乳腺外来
禁煙外来
サラリーマン外来
 
お見舞いの方へ
専門外来は、各専門医による特別診療です。
ご予約、ご不明な点は下記電話番号までお気軽にご相談ください。
お問合せ・ご予約 TEL : 042(491)2121

当院の腎不全外来は厳密な食事療法を継続して行うことにより、人工血液透析導入を遅らせることを目的としています。

厳密な食事療法とは…
 (1) 充分なエネルギー量
   1日のエネルギー摂取量  
   ① 仕事(労働)をしている人 35kcal×標準体重
   ② 仕事(労働)をしていない人 30kcal×標準体重
 (2) たんぱく制限  1日のたんぱく摂取量 0.5g×標準体重
 (3) 塩分制限  1日の塩分摂取量 5~6g

※ 標準体重(kg) = 身長(m)×身長(m)×22

この(1)、(2)、(3)をそれぞれの患者さんに対し、計算して1日の栄養デザインを作り指導していきます。
この食事療法のポイントは、1日のたんぱく摂取量のうち60%以上を動物性たんぱくで摂ることにあります。例えば、1日のたんぱく摂取量30gの人は、18g以上を動物性たんぱく、残りの12gを植物性たんぱくとして計算していきます。

動物性たんぱくを常時60%以上摂取することで厳しい低たんぱく食を行っても栄養障害を免れるからです。そのためには、患者さんは食品成分表を見ながら毎日の食べる食材料を計算し、自分が1日に何gのたんぱく、塩分そして何キロカロリーの食事をしているかを食事記録に克明に記載する必要があります。

更に毎月、正確な24時間蓄尿を提出し、血液検査を行い、自分の食事記録と検査結果を基に医師と栄養士より指導を受けるのです。
腎不全の治療は患者さん自身が行うものです。何故なら治療の主軸は食事療法そのものだからです。当院の腎不全外来では患者さんと医師、栄養士を中心とする医療スタッフがチームを作り、共に学び、より良い成果をあげるために努力しています。

腎不全外来診療室の隣室にて管理栄養士による栄養指導を行っております。

当院では実際に治療用の特殊食品を使用した調理実習も行っておりますので、ご希望の方はお気軽にお問合せください。

【担当医】
腎臓内科 : 高木 由利

・ 日本腎臓病学会 会員
・ 日本透析医学会 指導医・専門医

【診察日】
月曜日(午前)  ※ 完全予約制
火曜日(午前)  ※ 完全予約制
水曜日(午前)  ※ 完全予約制

当院では毎月1回、木曜日に腎疾患ゼミナールを開催しています。
この腎疾患ゼミナールで治らぬ病気、慢性腎不全と上手に付き合っていくための正しい知識を身につけましょう!  どなたでもご参加頂けますので、是非お越しください。

腎疾患ゼミナールの詳しいご案内はこちら↓
▲ ページトップへ

現在、日本の人口は約1億3000万人です。そのうち糖尿病の患者さんは約600万人、糖尿病予備軍は約1200~1500万人と言われております。
糖尿病は様々な合併症を引き起こします。心筋梗塞、脳梗塞、神経障害、網膜症、腎症などなど...。
これらを治療・予防することによって健康な人と変わりない日常生活を送ることができます。

糖尿病患者さんが増えている昨今、「我々ができることは何か?」 を真摯に考え、みなさん一緒に糖尿病とともに歩むことが出来たらと思い、糖尿病外来を増診致しました。
糖尿病のことでお困りの点がございましたら、是非一度ご相談下さい。


主な対象疾患
代謝性疾患 ― 糖尿病 ・ 脂質異常症 ・ 高血圧症 ・ 痛 風 ・ 肥満症

特 色
当院は、糖尿病の診断・治療・合併症管理・教育指導について病診連携、病病連携を重視し、北多摩北部保健医療機関における糖尿病の地域連携を行っております。
「かかりつけ医」 「糖尿病専門医」 「かかりつけ眼科医・歯科医等」 による糖尿病の医療連携を行うことによって、糖尿病のコントロールを良好に保つことが出来ます。

また、毎月1回、糖尿病教室を開催しています。どなたでもご参加できますので、皆さん是非お越しください。正しい知識を身に付け、一緒に糖尿病とともに歩んでいきましょう!

糖尿病教室の詳しいご案内はこちら↓
担 当 医

内科・内分泌・代謝・糖尿病 : 佐藤 潤一


【診察日】
土曜日(午後)
※ 予約制(予約なしでも受付可)

▲ ページトップへ
習慣的に“いびき”をかく人だけでなく、朝起きても疲労感が強かったり、日中の眠気が強い人は睡眠時無呼吸症候群をはじめとした何らかの睡眠障害がある可能性が高いと言えます。
仕事や日常生活への支障、交通事故のリスクだけでなく、継続的に循環器系にも負担がかかっており、心疾患、脳疾患、生活習慣病のリスクが増します。
睡眠時無呼吸外来では、必要に応じて詳しい検査を行い、睡眠の質を改善することでリスクを軽減し、健康増進を図り、生活の質を向上させます。
心当たりのある方はお早めの受診を
・ いびきがうるさい と周囲から指摘される
・  いびきを自覚し、目覚めても疲労感が残る
・ 寝ている時、一瞬呼吸してない と言われる
・ 日中、突然強烈な眠気が襲う
・ 運転中や信号待ちの際、よく眠くなる
  呼吸器内科 : 齋藤 圭子
診察日/月・火・木 (午前)
▲ ページトップへ

乳がん検診を受けていますか?
乳がんは早期発見で、ほとんどの方が治る病気です。


乳がんは、しこりの小さいうちに発見して適切な治療を行えば、90%以上が治る病気です。
そのため、定期的な検診によって、しこりが小さく、リンパ節や他の臓器への転移がないうちに見つけることが大切なのです。
実際、欧米では、乳がんの発症率は増えている一方で、死亡率は減少しています。この理由のひとつは、多くの方が検診を受けて早期に発見されたためであると言われています。

乳がんは30歳代から増えはじめ、40歳代後半で最も発症率が高くなります。そのため、30歳からは定期的に乳がん検診を受けましょう。

しこりなど気になる症状や乳房の違和感を覚えたら、検診を待たずに乳腺外来を受診してください。


   

乳がん検診コース
A コース 9,720 円(税込)

乳房X線検査(マンモグラフィー)
乳房超音波検査(エコー)
触診

B コース 7,020 円(税込)

乳房X線検査(マンモグラフィー)
触診

C コース 5,940 円(税込)

乳房超音波検査(エコー)
触診

【担当医】
乳腺外科 : 杉山 迪子
・ 乳腺外科専門医
・ 外科専門医
・ マンモグラフィー読影認定医

【診察日】
土曜日(不定期)
※ 予約制 (予約なしでも受付可)

当院の乳腺外来は、女性医師と女性スタッフによる診療を行っております。
マンモグラフィー検査も女性の放射線技師が担当しておりますので、安心して受診してください。
尚、超音波検査等も女性検査技師による対応が可能ですので、ご希望の方はお申し出ください。
2013年6月よりマンモグラフィーの新機種が導入されました。
以前に比べ、受診者様の検査時の負担が軽減され、より鮮明で高画質な画像描出が可能となりました。
▲ ページトップへ

禁煙しようか迷っている今!
まずは当院の禁煙外来にご相談ください。

喫煙者の70%はニコチン依存症です。
タバコをやめられないのは、あなたの意思の弱さではなくニコチンの持つ強い依存性が原因です。
このような喫煙習慣は 『ニコチン依存症』 と言われ、治療が必要とされています。病気は意思の力だけで治せるものではありません。
禁煙成功のために 『お医者さんと禁煙』 を始めませんか?

初めての診察で行うこと
 1) ニコチン依存症かどうかチェック
 2) 一酸化炭素濃度の測定
 3) 禁煙開始日を決定し、禁煙宣言
 4) 禁煙経験の確認とアドバイス
 5) 禁煙補助薬の選択

禁煙治療を希望される患者様およびご家族の方へ
禁煙は治療の有無を問わず、抑うつ気分、不安、焦燥、自殺念慮などの症状が認められることがあります。また精神疾患のある患者様では、その症状を悪化させることがあります。 そのため、当院では精神疾患のある患者様の禁煙治療を行う際は、主治医の先生との連携をとりながら治療を行わせて頂いております。
精神疾患で治療中の患者様は、お手数ですが、主治医の先生に禁煙する旨を事前にお話し頂き、受診の際は紹介状を持参して下さいますようお願い致します。

【担当医】
呼吸器内科 : 齋藤 圭子

【診察日】
毎週火曜日(午後)
※ 予約制 (予約なしでも受付可)


インターネットでのご予約はこちら
▲ ページトップへ

日々、忙しくお仕事をしていらっしゃるサラリーマンの方へ

日本を支えているサラリーマンの皆さん!!
医師・管理栄養士・専任クラークと一緒に、ご自分の体をしっかり見つめる時間を作ってみませんか?


【担当医】   内科 : 高木 由利
【診察日】   第4土曜日(午前) 

▲ ページトップへ
≪ 前の画面に戻る
| 個人情報の利用目的について | お問い合わせ |  サイトマップ |