医療法人財団 織本病院  
トップページ > 受診・入院のご案内各種ドック・健診のご案内院内のご案内 > 検査ガイド
お見舞いの方へ
 

CT検査
CT=Computed Tomography : コンピュータ断層診断装置
X線を使って身体の断面を撮影する検査です。 近年では収集データを用いて立体像やあらゆる角度の断面像を作ることができます。また、造影剤を使用することで血管が細かく見えます。
体内の様々な病巣を発見することができますが、特に心臓、大動脈、気管支・肺などの胸部、肝臓・腎臓などの腹部の検査に適しています。

 
 

MRI検査
MRI=MagneticResonanceImaging : 磁気共鳴画像診断装置
MRI検査ではX線を使わず強力な磁石を使い、磁気の力を利用して体の臓器撮影する検査です。 X線を使わないので当然被爆の問題はありませんが、電波や磁力を用いるためペースメーカーを入れている方は検査できません。また特殊な手術をしている方も出来ない場合があります。
体内の様々な病巣を発見することができますが、特に脳や、脊椎、四肢等の検査に適しています。
当院で使用しているMRIはオープン型でとても開放感があり音も静かなので、閉所恐怖症の方やご高齢の方にも安心して検査を受けていただくことができます。

 
 

MRA検査
MR装置の信号を変え、造影剤を使わず血管像を撮影する検査です。

 
  ▲ ページトップへ
 

マンモグラフィー検査
一般X線撮影装置と同じようにX線を体に透過させて調べる検査ですが、マンモグラフィーはX線の質が違い、乳腺のように柔らかい所を検査する専用装置です。
乳房の腫瘍の有無、大きさや形、石灰化の有無がわかります。乳がんの約半数は石灰化しますが、石灰化したものは、触診では発見できない5mmくらいの小さいものでも発見できます。
検査は、全体が写るように乳房を前に引っ張り、撮影装置の検査台にのせ、乳房の厚みが4~5cmになるように上下から圧迫して行います。撮影時間は1秒もかからず、圧迫は数秒間だけです。

 
 

当院のマンモグラフィー検査は、女性放射線技師が担当しております。

 
 

X線検査
胸部(肺・心臓・気管、血管など)や腹部の撮影、骨の骨折などをX線を体に透過させ調べる検査で一般にレントゲン写真と言われるものです。

 
 

X線TV装置
X線を用いて体の内部をリアルタイムで観察できます。主に造影剤を用いて胃の検査(バリウム検査)や腸の検査に使われています。また血管に管を入れたり、ペースメーカーを埋め込む時にも使用され、時には骨折などでずれた骨を正したりする時にも使用されます。

 
 

移動型X線撮影装置
病棟で動けない方や寝たきりの方のベッドサイドに行き、その場でX線撮影(レントゲン撮影)を行う装置です。 時には手術中に用いることもあります。

 
 

外科用TV装置
手術中にリアルタイムにて体の内部を観察する装置です。整形外科で骨折の治療や人工関節を挿入する場合などに使用します。

 
  ▲ ページトップへ
 

内視鏡検査
超小型カメラの付いた内視鏡を体内に挿入し、粘膜に生じた炎症や潰瘍、ポリープやがん等をモニターに映し出して直接観察する検査で、同時に生検用の組織を採取したり、ポリープを切除したりすることもあります。
上部内視鏡(胃カメラ)は、口または鼻から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸の病変を観察します。
下部内視鏡(大腸カメラ)は、肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸に至る大腸全体の病変を観察します。

 
 

超音波(エコー)検査
高周波数の超音波を発信して返ってくるエコー(反射波)を受診し、各臓器や組織の様子をモニターに映し出して診断する検査です。検査機器の先端に専用のジェルを付けて直接皮膚に当て、検査を行います。妊婦や乳幼児でも安心して受けることができます。
頚動脈、心臓、腹部、血管、前立腺、乳腺など様々な部位に使用します。
女性の方で、女性技師による検査をご希望の方はお申し出ください。

 
 

心電図検査
心臓が拡張と収縮を繰り返すときに発生する微弱な活動電流の変化を波形として記録し、その乱れから病気の兆候を読み取ろうとするのが心電図検査です。心臓全体の働きを調べることができ、心臓病の発見や診断、病状の把握、治療効果の確認、薬の副作用の発見などに欠かせない検査です。
女性の方で、女性技師による検査をご希望の方はお申し出ください。

 
 

ホルター心電図検査
小型軽量の装置を身に付けて、日常生活中の24時間以上の心電図を記録し、それを解析して観察する検査です。不整脈と冠動脈が痙攣する冠攣縮性狭心症は、労作と無関係に夜や早朝に多くみられます。

 
 

PWV検査
PWV = Pulse Wave Velocity : 脈波伝播速度
心臓の拍動(脈波)が動脈を通じて手や足にまで届く速度を調べる検査です。動脈壁が厚くなったり硬くなったりすると、動脈壁の弾力性がなくなり脈波が伝わる速度が速くなります。動脈硬化の度合や早期血管障害を検出することができます。

 
▲ ページトップへ
≪ 前の画面に戻る
| 個人情報の利用目的について | お問い合わせ |  サイトマップ |