〒204-0002 東京都清瀬市旭ヶ丘1-261  TEL 042-491-2121(代表)

織本病院TOP > 透析センターTOP > 透析機器
 

これは「コンソール」と呼ばれ、余分な毒素や水分を抜く装置です。
当院では日機装と東レの透析装置を使用しています。
※ 各装置、最新の機種を取り揃えており、あらゆる治療に対応しています。
  (HD・HF・HDF・OHDF・ECUM)

DBB-100NX (1台) DCS-27 (4台)
   
DCS-100NX (21台) DCG-03 (1台)
   
TR-3000MA (9台)  
   
   

これは血液中の毒素を取り除くのに必要な、「透析液」と呼ばれるきれいなお水を作る装置です。
当院では超純水透析液の基準をクリアした透析液による治療を実施しています。

<エンドトキシン : 検出感度以下>
<細菌数 : 0 CFU/ml未満>

RO装置 (DC nano Ao)
 三菱レイヨン社製
多人数用透析液供給装置(DAB-50NX)
日機装社製
   
透析液粉末溶解装置(DRY-11A/DRY-11B)
日機装社製
 
   
   

当院では日機装の 『 Future Net Ⅱ』 と富士通の 『 EG-MAIN-NX 』 を導入しています。

   
 

現在19種類のダイアライザを常備し、患者様一人一人に合ったものを選択しています。
このダイアライザが膜となり、腎臓の代わりとして働きます。

東レ
 NV-1.3S
 NVF-13M

ニプロ
 PES-15Eα eco
 PES-17Eα eco
 PES-21Eα eco
 MFX-15E eco
 MFX-17E eco
 MFX-21E eco
 MFX-25U eco
 FIX-150E eco
 FIX-190E eco
 FIX-210E eco

ガンブロ
 H12-3400
 H12-4000

旭化成
 APS-15SA
 APS-18SA
 APS-21SA
 ABH-15P
 ABH-18P
 ABH-21P

≪ 前の画面に戻る
| 個人情報の利用目的について | お問い合わせ |  サイトマップ |